入局・研修案内

実際の研修プログラム

当科で推進している研修プログラムの各年度の具体的な内容は、以下の通りです。

本人の目指す目標に応じ、希望者は、プログラムの途中でも、大学院への進学による研究プログラムへの移行やパリ大学をはじめとした海外施設への留学も可能です。

後期研修プログラム 一年目
(卒後3年)
主に大学病院
又は研修施設(1)
  • 神経学的診察法、画像診断
  • 救急疾患に対する初期対応
  • 脳卒中などの急性疾患の全身管理
  • 脳神経外科手術の術前・術後管理
  • 手術に参加し、術者として穿頭・頭蓋外操作を習得
  • 基本的な開頭操作を習得
  • 下垂体へのアプローチを含む基本的な神経内視鏡操作を習得
  • 脳血管撮影法の習得と脳血管内治療の初歩を習得
2-3年目
(卒後4-5年)
研修施設(2)
  • 脳卒中に対する開頭手術の助手および術者
  • 様々な頭蓋底腫瘍に対する開頭アプローチの基本を習得
  • 脳内血腫除去など顕微鏡下手術・神経内視鏡下手術の術者
  • 表在性良性腫瘍、大脳皮質の悪性腫瘍の手術の助手、術者
  • 神経内視鏡による下垂体手術の助手、術者
  • 脳血栓回収療法を含む脳血管内治療の手技を習得
  • 頚椎・腰椎に対する手術の基本
4-5年目
(卒後6-7年)
大学及び研修施設(3)
  • 脳動脈瘤に対する開頭手術を含む顕微鏡下手術の術者
  • 脳動脈瘤や頚動脈狭窄症に対する血管内治療の術者
  • 神経内視鏡による下垂体手術の術者
  • 頭蓋底アプローチを習得、顕微鏡下頭蓋底手術の助手、術者
  • 血管吻合術を含む脳血管系手術の基本
5年目
(卒後7年)
主として大学
  • 後期研修プログラムの仕上げ
  • 様々な頭蓋底腫瘍に対する開頭アプローチの術者
  • 日本脳神経外科学会専門医試験の受験と専門医の取得
    専門医の取得後は、希望に応じて、専門強化プログラムに参加
専門強化プログラム 5~8年目
(卒後7~10年)
研修施設、研究施設または大学 希望する専門領域の専門家を目指し、大学を含めた各訓練施設において、個々のプログラムの中から選択。また、こうしたテーマに基づいた研究と学位取得のため、大学院への進学もお勧めしております。
  1. A: 脳卒中治療プログラム(血管内治療を含む)
  2. B: 頭蓋底外科・良性脳腫瘍プログラム
  3. C: 脳腫瘍外科・悪性脳腫瘍プログラム
  4. D: 脊髄・脊椎外科プログラム
  5. E: 小児脳神経外科治療プログラム
  6. F: 定位放射線治療・定位脳手術プログラム など