入局・研修案内

帝京大学脳神経外科の専門医研修プログラムの特徴

  • 高度救命救急センター、救急科との連携により、脳神経外科救急疾患に対する初期対応や救命処置について、学ぶことができる
  • 脳血管障害、脳腫瘍、機能的疾患まで幅広い脳神経の病気について、学ぶことができる
  • 顕微鏡下手術手技を中心に、血管内治療や内視鏡手術など、最先端の脳卒中手術についても、経験・修得することができる。
  • 神経内視鏡を駆使した、下垂体・頭蓋底病変や、脳腫瘍に対する低侵襲手術に参加し、新しい脳腫瘍の手術を経験・修得することができる
  • 高齢者から小児までさまざまな年齢の患者さんに対する治療を経験できる。
  • 週4.5日勤務(+当直)で、ゆったりと研修に励むことができる(希望により、外勤も紹介しています)
  • 帝京大学は、女性のキャリアパスの形成にも積極的に協力しています。当科では、現在も女性脳神経外科医が活躍しており、今までも多くの優秀な女性脳神経外科医を輩出しています。
  • 子育て奮闘中のパパ・ママ研修医も大歓迎。実際に育児と仕事を両立している先輩からアドバイスも受けられます。
写真
写真
写真